• 東京都品川区西五反田2-13-6 セラヴィ五反田ビル7階
  • 03-6417-9411
    (平日10時~18時)

指静脈認証について

生体認証

生体認証は、人間の身体的特徴を使って個人を識別する認証方式です。
指紋や顔を使った認証方式がよく使われていますが、なかでも最近注目されているのが、金融機関を始め、現在急速に広まっている静脈認証方式です。 静脈認証方式は生体認証の中でも高い認証精度を持っています。

生体認証の比較

主な生体認証の一覧とその比較が下記の表になります。 それぞれの生体認証に特徴があります。 最も知られているのが指紋で、犯罪者の特定などに使用されています。
指紋は、装置も安価で広く普及していますが、お年を召した方や激しいスポーツをされる方、特殊な薬品を使われる方などは指紋が薄くなるケースがあり、全ての方を指紋認証の対象とすることが難しいとされています。 また、触れたものから指紋を採取することが容易なため、高いセキュリティ性を必要とする用途には向いていません。

認証精度 偽造しにくさ 経年変化耐性 データサイズ 価格
静脈
指紋
虹彩
音声
掌紋

指静脈認証

指静脈イメージ

静脈認証方式のうち、「指静脈認証」は、指の内部にある静脈のパターンを使って個人を特定する方式です。
静脈内を流れる血液中の還元ヘモグロビンが吸収する近赤外線をあてて指を撮像し、静脈パターンを抽出します。 この静脈パターンを予め登録された静脈パターンとマッチングすることで、認証を行ないます。

静脈認証技術には、下記のような特長があります。

  • 双子等であっても静脈パターンが異なるので、基本的に誤って認証することがない
  • 身体の表面ではなく内部にある静脈を使用するため、偽造やなりすましが困難
  • 静脈の細部の形状を盗み見たり推測するのが難しい
  • 認証時に触れたものに静脈の痕跡が残らない
  • 基本的に経年変化(消えたり形状を変えたり)することがない
  • 体調や気候による静脈パターンの大きな変化がない
  • 皮膚の表面に荒れ、発疹、ひび割れなどがあっても利用可能
  • 手や指を置く (かざす) だけなので、心理的抵抗感が少ない

 モフィリアの技術の特長


関連記事

静脈認証で安全・便利な社会を実現