• 東京都品川区西五反田2-13-6 セラヴィ五反田ビル7階
  • 03-6417-9411
    (平日10時~18時)

多要素認証統合プラットフォーム EVE MA のご紹介

※本記事は、株式会社ディー・ディー・エス様によるゲスト投稿です。

EVE MAの特徴

EVE MAは、拡張性の高いプラグインアーキテクチャで、エンタープライズシステムの認証基盤における自在な認証設定を可能にします。
各種システムに対するID/パスワードでのユーザー認証を、生体認証 (指紋、顔、モフィリア社の指静脈、富士通社の手のひら静脈)、ICカード (FeliCa、MIFARE)、パスワードなどを用いた多要素認証方式に置き換え、確実な本人確認を行うことで、なりすましのリスクを低減します。 Active Directoryとシームレスに連携し、組織やグループに対して柔軟な設定が可能となります。

EVE MAは、Windowsログオン、業務アプリケーション、仮想デスクトップなど、複数の認証を統合し、ユーザーの利用環境にあわせて、安全で利用しやすい認証プラットフォームを提供します。


EVE MA多要素認証プラットフォーム (拡大するにはクリックしてください)

活用例:様々なエンタープライズニーズへの対応

  • Active Directoryを中心に認証システムを管理運用
  • 入退室システムで利用しているICカード社員証をそのままPCセキュリティに活用
  • 多要素認証によるセキュリティレベル向上(一般のユーザーへは、「ICカード」と「パスワード」で認証、個人情報を取り扱うユーザーグループは、「ICカード」と「生体認証」での認証を設定するなど柔軟に対応)


    Active Directoryと連携した設定やアプリケーションごとの設定が可能

  • アプリケーション認証、ネットワーク認証、仮想デスクトップでの認証にも多要素認証を適用(仮想環境において、ホスト内のアプリケーション認証でも指紋認証の適用が可能)


仮想デスクトップでの認証に利用

DDSの指紋認証テクノロジー「ハイブリッド指紋認証方式」

ハイブリッド指紋認証方式では、DDS独自の周波数解析法を用いた指紋認証アルゴリズムとマニューシャアリゴリズムの2種類の指紋認証アルゴリズムを同時に使用し、複合的なハイブリッド特徴量により登録・照合を行います。 これにより、2つのアルゴリズムの優位性を兼ね備えた高性能な指紋認証性能を実現します。


ハイブリッド指紋認証方式 (拡大するにはクリックしてください)

モフィリアの指静脈認証

2009年、市場からの要望もあり、多要素認証に加える新たな認証要素を検討していたところ、当時のソニー株式会社 B2Bソリューション事業本部 (現 プロフェッショナル・ソリューション事業本部) FVA事業室より、指静脈認証「mofiria」の紹介を受けました。 当時、指静脈や手のひら静脈のソリューションもありましたが、小型でデータサイズも小さく、認証時間が短いという特徴を持っていた同製品を、ソニー社の協力を得て、認証要素の一部として加えました。
mofiriaを搭載した最初のリリース版EVE MA Rel.1.52. (2017年8月31日現在の最新版はRel.3.90) を2010年5月にリリースして以来、多要素認証の一角を担う認証要素として活用しております。


本記事の著者

株式会社ディー・ディー・エス
営業本部 販売促進部
2017年09月13日
関連記事

静脈認証で安全・便利な社会を実現