• 東京都品川区西五反田2-13-6 セラヴィ五反田ビル7階
  • 03-6417-9411
    (平日10時~18時)

とっとりテクノロジーイノベーションミーティング2016に参加してきました

12月14日、朝7時前にさいたま市の自宅を出発して、鳥取に行って参りました。

鳥取は12年ぶり。
前回も同様の趣旨で鳥取東高校を訪問し、当時前の会社で担当していたロボットビジネスの経験を、アイボのデモなど含めて高校生諸君にご紹介し、技術やイノベーションへの興味を喚起しました。

今回は、より本格的で「本気」の鳥取県あげての産官学連携によるテクノロジー・イノベーションに関するシンポジウムにお邪魔してきました。
当日は、以下のプロクラムのすべてに参加したので、いささか疲れましたが、極めて心地よい疲れでした。
1) 基調講演
・70分間、私の前社時代のベンチャー経験と、今のモフィリアでのチャレンジをお話し申し上げました。
2) ポスタープレゼンテーション
・一般の技術展のような感じで、50を超えるブースがあり、私もモフィリアの実機とポスター、カタログを用意して対応しました。
すごい賑わいで、他のブースを見に行く余裕はほとんどなかったのが悔やまれます。もう一人、説明員として連れてくるんだった、、、!
3) パネルディスカッション
・鳥取県で産官学として動いているプロジェクトや活動の報告を拝聴してのコメントやアドバイスを申し上げました。
4) 交流会
・今回のシンポジウム関係者との立食コミュニケーション。
皆さんの夢、壁、フラストレーションなどをよりフランクにお聞きして、ざっくばらんなコミュニケーションができました。
5) 開催責任者と、私のような県外からのビジターでの夕食会。

上記2)のところでも書きましたが、ポスタープレゼンテーションでの千客万来の対応の時くらいから、もう一人スタッフを連れてくるんだった、と後悔し始めました。
観たいと事前にチェックしていたブースをほとんど訪問できなかったのがとにかく残念でした。
交流会でも、もう一人いればもっと多くの方々にモフィリアのご紹介ができたのにと、これも後悔しました。
それくらい、今回の出会いは、「来てよかった」と思えるものでした。

一日を通して、鳥取関係者の皆さんの 何とかしなくちゃ!という危機感とチャレンジ精神と熱意に感銘を受けました。
今後も、ビジネス化に向けて、何かお手伝いできればと思っています。

来年の干支は「酉年」ということで、関係各位のみなさまの一層の飛躍を、五反田から応援してます。


2016年12月16日

静脈認証で安全・便利な社会を実現