• 東京都品川区西五反田2-13-6 セラヴィ五反田ビル7階
  • 03-6417-9411
    (平日10時~18時)

ドーハでのアナログUber !?

7月23日の夜から27日の夜までカタールのドーハに出張してきました。
生まれて初めて訪れる土地なので、期待と不安を抱いての旅でしたが、結果的に公私ともにグッドサプライズのほうが多い、実りある5日間でした。

「最悪の季節に来た」と現地の人に言われた気候は、最高気温45度近くなる酷暑+高湿度で、これが一番参りましたが、ほとんどの行動は建物の中、移動は冷房のついているクルマなので、ずっと劣悪環境の下にいた訳ではありません。
とは言え、ホテルから近いというので、スーパーまで10分くらい炎天下を歩いた時は、下着までビショビショでした。

さて、仕事柄、現地の金融関係の特長や人々のライフスタイル、購買行動、集客の多い場所などを可能な限り色々見てきましたが、その時使ったタクシーに今回の最大のサプライズの一つがありました。

上記の目的のために、ホテルからショッピングモールに行くとします。
往きはホテルのベルキャプテンにタクシーの手配を頼めばいいのですが、問題はモールから戻る際です。
モール内にタクシーのマークと矢印があり、どこにタクシー乗り場があるかが明示されていますが、そこに行っても、いかにもタクシーという車はいない。
他のタクシー乗り場も同様。
そこで、困った顔をして思案に暮れていると、近くで談笑していたTシャツにジーンズのお兄さん(またはおじさん)が、「タクシーが入用かい?」と聞いてきます。
ちょっといかがわしい気もしましたが、明るいモール脇なので大丈夫だろうと「そうだ」と答えると、「どこまでだ?」と尋ねられ、「〇〇ホテル」と言うと、「OK」との返事。「いくらだ?」と聞くと。「□□(リヤル)」と提示されてその場で値段が決まり、思ったよりリーズナブルなので、その兄ちゃんについていって、普通の自家用車に乗る、このパターンです。
これが、いつでもどこでも同じ。

このパターンを覚えたあとは、長時間タクシーを待つこともないし、どの人が運ちゃんかも分かるようになり、その運ちゃんも気さくで英語がちゃんと話せるし、運賃が最初に決まるのでお金のトラブルもなく、トータルで極めて効率的でした。

去る6月のアメリカ出張時のUber体験をブログの第50回でご紹介したので、今回は「アナログUber」と書きましたが、要するに非常に良質の「白タク」でした。
このように、安心して利用できる「白タク」がドーハ市内をくまなくカバーしていたのが、グッドサプライズでした。

2016年08月10日

静脈認証で安全・便利な社会を実現