• 東京都品川区西五反田2-13-6 セラヴィ五反田ビル7階
  • 03-6417-9411
    (平日10時~18時)

音楽で心身快復

少し前のブログで、私のストレス発散手段の一つが映画鑑賞だと綴りましたが、音楽も多くの皆さんと同様、日常的には映画以上の「友」です。
学生時代、ハードロックにハマっていた時は、朝から晩までLed ZeppelinでもOKだったし、寝るときにヘッドホンして、Black Sabbath IVを聴きながら寝入る、ということを毎晩のようにやってたりしてましたが、さすがにこの歳になると、そんな直球勝負は勘弁で、その日、その時の気分で、アーティストや曲を変えています。

以下、最近のパターンをご紹介し、最後に静脈認証への期待に無理やり結びつけます!
1)Walkmanに入れてる音楽を4つのグループに分けている。
2)グループ1は、明るく元気のいいハードロック、テンポのいいポップス、ファンキーな
  フュージョンなど
  グループ2は、重めのヘビーメタル、マイナーな曲調のポップス、暗めのロッカバラードなど
  グループ3は、日本の曲でお気に入りを一緒くたに
  グループ4は、読書などの際のBGMになるような、スムーズジャズ、クラシック、
  ジェットストリームでかかったようなアレンジ曲など

これらをTPOで使い分けていて聴く分には、好きな音が的確に出てくるので非常に快適なんですが、聴きたいジャンルが変わってグループを例えば1から2に変更するときは、いちいちWalkmanをポケットから取り出して操作しなければならなくて、これが面倒だし、満員電車の中ではうまくやれない。
そんな時にいつも思うのは、いつか、Walkmanにも指静脈認証が搭載されて、どの指で触るかによって、ポケットの中に入れたままでもグループがちゃんと変わるという機能、これが欲しい!ということです。

もちろん、ケイタイなら音声認識でそういう操作ができるようにするのは比較的簡単かもしれませんが、電車の中でSiriに話しかけるのは気恥ずかしくて絶対やれないので、「指」がいいです。

2016年04月25日

静脈認証で安全・便利な社会を実現