• 東京都品川区西五反田2-13-6 セラヴィ五反田ビル7階
  • 03-6417-9411
    (平日10時~18時)

中古車との暮らしで英語力向上 in America

33年前のアメリカ赴任生活(1981-1985)で最初に買ったクルマは、フォルクスワーゲンのスポーツクーペ、シロッコの中古でした。
当時の同型車の日本語版カタログがありました:
==>フォルクスワーゲン シロッコ GTE (1980年、日本仕様) B-53EJ型

憧れのクルマだったので購入当初はルンルンだったのですが、まあこれがよく故障する! あとで総括したら、自分が乗っていた日数とディーラーのサービスを受けていた日数がほぼ同じでした!!!
今と違って、当時のフォルクスワーゲン車の故障の多さは悪評高く、非営利の製品比較雑誌「Consumer Reports」でもいつも低ランクでした。 新車でさえそうなのですから、中古は推して知るべし。

でも、このおかげで、英語での交渉力がアップしました。 クルマの故障は死活問題なので、仕事の時以上に必死に無償で短期間で直してくれるようディーラーと掛け合いました。

このシロッコとの共生は実はそんなに長くは続かず、ある夜、帰宅途中に道端から突然出て来たタヌキをよけ損ねて道路わきの木に衝突して廃車になってしまいました。
そのあとは、これに懲りて、アメリカ駐在なのに、トヨタのセリカ・ハッチバックの新車にしました。
同類車はこちら ==>トヨタ セリカ・ハッチバック

それから帰任するまでの3年間、セリカで大きな故障は皆無でした。 当時は、日本から出張に来られる方の送り迎え (JFK空港<==>ホテル<==>ソニーアメリカのNJ本社) も重要な業務の一つだったので、クルマの信頼性は「だいじ!」でした。

2014年12月09日

静脈認証で安全・便利な社会を実現