• 東京都品川区西五反田2-13-6 セラヴィ五反田ビル7階
  • 03-6417-9411
    (平日10時~18時)

AccessLibrary for RS-232c v2.0.2リリース

株式会社モフィリア(本社:東京都品川区、代表取締役社長:天貝 佐登史、以下当社)は、組み込み開発向けを主としたソフトウェア開発ツール「AccessLibrary for RS-232c v2.0.2」(型番:MSDK-R1NW)をリリース致しました。

MSDK-R1NWは、弊社指静脈認証デバイス、型番「FVA-M1ST」「FVA-E2SX」向けの開発ツールで、RS-232Cインタフェースにて対応。デバイス制御に関する各機能に対応したAPIをC言語のソースコードで提供しています。プラットフォーム依存部分を実装するだけで様々なプラットフォーム上でアプリケーションの開発が実現出来ます。

今回リリースしたv2.0.2は、前バージョン(v1.0.1)と比較してより弊社デバイスの機能に対して直観的なAPI仕様となっております。開発者は複雑なコマンド仕様を理解する必要がなく、短期間、かつ容易にイメージ通りのアプリケーションを開発することが可能です。

また、Windows環境向けに USB接続でのSDK、型番: MSDK-U2W2 もご用意しております。

詳細は下記URLよりご確認ください▼▼▼
http://www.mofiria.com/product/developtool

指静脈認証技術は、指の静脈パターンにより本人確認をおこなう生体認証方式で、その静脈パターンは個人及び各指により異なり、経年変化も起こさないとされています。静脈認証は体内にある静脈を用いるため、成りすましが困難であり、他の生体認証と比較して、高精度の認証が可能です。

本件、または本件以外に関しましても、ご質問やご確認事項等ございましたら何なりとご連絡・ご相談くださいませ。

改めまして、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

2013年11月06日

静脈認証で安全・便利な社会を実現