生体認証・指静脈認証技術のmofiria

静脈認証で安全・便利な社会を実現

指静脈認証について

生体認証

生体認証は、人間の身体的特徴を使って個人を識別する認証方式です。
指紋や顔を使った認証方式がよく使われていますが、なかでも最近注目されているのが、金融機関を始め、現在急速に広まっている静脈認証方式です。 静脈認証方式は生体認証の中でも高い認証精度を持っています。

生体認証比較

主な生体認証の一覧とその比較が下記の表になります。 それぞれの生体認証に特徴があります。 最も知られているのが指紋で、犯罪者の特定などに使用されています。
指紋は、装置も安価で広く普及していますが、お年を召した方や激しいスポーツをされる方、特殊な薬品を使われる方などは指紋が薄くなるケースがあり、全ての方を対象とすることが難しいとされています。 また、偽造が容易なため、高いセキュリティ性を必要とする用途には向いていません。

  認証
精度
偽造
しにくさ
経年
変化耐性
データ
サイズ
価格
静脈
指紋
虹彩
音声
掌紋

※モフィリア調べ

指静脈認証

静脈認証方式のうち、「指静脈認証」は、指の内部にある静脈のパターンを使って個人を特定する方式です。

静脈内を流れる血液中の還元ヘモグロビンが吸収する近赤外線をあてて指を撮像し、静脈パターンを抽出します。 この静脈パターンを予め登録された静脈パターンとマッチングすることで、認証を行ないます。

認証イメージ

静脈認証技術には、下記のような特長があります。


 モフィリアの技術の特長


PageTop